肥満改善には炭水化物を減らして体操

肥満を改善するために一番大切なことは、毎日取る炭水化物の量を減らすことです。炭水化物はエネルギーとして使われますが、余ったものは脂肪として体の中に蓄えられます。その脂肪が肥満の原因になることがあります。肥満を防ぐには炭水化物の量を減らすのが望ましいですが、減らし過ぎるのは考えものです。減らし過ぎると体のエネルギーが不足してしまいます。体内に取り込まれた余分の炭水化物を減らすのに役立つのが、体操などの運動です。適度な運動をすれば、運動の時にエネルギーが使われるので、体内の余分な炭水化物を消費できます。体操にはいろいろな種類がありますが、カロリーを消費するものが好ましいと言えます。例えば、ダンベルなどの筋トレを30分行った場合、30歳の男性だったら360カロリー程度消費できます。体操だけでも構わないのですが、それに有酸素運動を加えるとさらに効果的になります。有酸素運動をすると、体の中の脂肪が燃やされるので、肥満解消につながります。ただし、有酸素運動はある程度続けないと効果が上がりません。具体的には体の脂肪が燃え始める20分以上続けることが好ましいです。だから、時間がないときは体操だけで十分です。体操の場合は筋肉に負荷をかける無酸素運動が特にお勧めです。先ほど書いたダンベルは無酸素運動の一つです。無酸素運動をすると、体の基礎代謝が高くなります。基礎代謝とは普通に生活することで消費されるエネルギーのことです。このエネルギーが高ければ、肥満になる可能性は低くなります。スクワットも体の奇想代謝を上げられる無酸素運動の体操です。上半身を真っ直ぐに起こしたままで、膝の屈伸をする体操で、道具などがなくても家で気軽に始められます。

ページの先頭へ戻る