肥満による糖尿病を防ぐダンベル体操

肥満によって糖尿病が起きることがあります。肥満になると体内のインスリンが増えて、インスリンが正常に働かなくなります。このインスリンが正常に働かない状態が糖尿病です。この病気は重症化すると、目の障害や腎臓の障害といった深刻な状態を引き起こすので注意が必要です。糖尿病を防ぐために必要なことはバランスの良い食事を取ることと、ダンベル体操のような運動を続けることです。ダンベル体操が糖尿病に良いのは、カロリーを消費するからです。よく知られているように糖尿病になるとカロリーを制限されます。しかし、ダンベルを使った体操をすると体の中にある余分なカロリーを消費するので、この病気の治療の一つになります。ダンベルを使った体操は、無酸素運動に分類されます。無酸素運動は体の中に酸素を取り込まないで、行われます。無酸素運動と逆の運動は有酸素運動です。有酸素運動では体の中の脂肪が消費されますが、無酸素運動では筋肉に貯められている糖分が使われます。ダンベルの体操で使われるカロリーは年齢や性別によって変わりますが、30代の女性だったら30分ほどしたら300カロリー程度消費できます。ダンベルのような無酸素運動は基礎代謝を高くするメリットもあります。基礎代謝は一日に普通に生活して消費されるカロリーのことです。この基礎代謝を高めることは、糖尿病の治療に非常にプラスになります。この病気の治療には無酸素運動が役立つのですが、有酸素運動を加えることでさらに効果的になります。有酸素運動は体内に蓄えられた脂肪を消費できるからです。体内の脂肪も血糖値を上げる原因になることがあります。無酸素運動を継続しながら、有酸素運動も取り入れるのが糖尿病治療の最善の方法です。

ページの先頭へ戻る